本文へスキップ

用語の解説

基本編

メニュー
1)スナップフィット
2)ランナー
3)ゲート
4)バリ
5)ヒケ
6)モールド
7)パーティングライン
スナップフィット
 最近のプラモデルでは主流になっている組み立て方法です。
 組み合わせるパーツの片方にピンがあり、もう片方にはそれを挿す穴があります。
 そのピンと穴でパーツをはめ込んで組み立てます。
 接着剤を使わないため、簡単に組み立てる事ができます。

このページの先頭へ

ランナー
 パーツを固定している枠です。
 製品としてはパーツを固定する枠ですが、製造時にはプラスチックを流し込む道となっています。

このページの先頭へ

ゲート
 ランナーとパーツを繋ぐ部分です。
 パーツをランナーから切り離す際はゲートを切断します。
 綺麗に切り取った方が、完成時の見栄えが良いです。

このページの先頭へ

バリ
 最近のプラモデルではあまり見かけなくなっていますが、たまに見かける事があります。
 羽根つき餃子の羽根みたいなものです…が、プラモデルでは不要なので削ったり切り取ったりして除去します。
 金型を組み合わせた時に金型の隙間にはみ出して固まった部分です。

このページの先頭へ

ヒケ
 プラスチックの表面のわずかなへこみの事です。
 製造時、液体のプラスチックを金型に流し込んで固めますが、固まる時に体積が減少したりする事で発生します。
 小さいパーツよりも大きなパーツのほうが目立ちます。

このページの先頭へ

モールド
 パーツの表面に施された装飾の一種です。
 モールドには大きく分けると凸モールドや凹モールドがあります。

このページの先頭へ

パーティングライン
 プラモデルを製造する際、2つの金型を合わせてプラスチックを流し込んで成型します。
 この金型の合わせ目が細い線状に突き出す事があります。
 パーツによっては隠れる所に配置されたりしていますが、製造の行程上隠せない物もあります。

このページの先頭へ

押し出しピン痕
 金型から成型品を取り出す時に押し出した後が残る事があります。
 基本的にはパーツの裏等に隠れてしまいますが、極稀に表に現れる事があります。

このページの先頭へ

肉抜き穴
 パーツの軽量化やコストを削減するためにパーツに穴が空いている事があります。
 隠れる所にある事もありますが、安価なキットや簡易なキットの場合、表に見える事が多いです。

このページの先頭へ


エッジ
 文字通りパーツのカドです。
 便宜上、通常のカド(「 )をエッジ、奥まったカド( 」)を逆エッジと言ったりします。
 対象年齢に応じて、エッジが丸かったり、とがっていたりします。

このページの先頭へ

C面
 エッジ部分に設けられた面取り部分の事です。
 大根を面取りした時の感じを思い浮かべてみたらわかりやすいかもしれません。

このページの先頭へ

合わせ目
 パーツとパーツを合わせた時の継ぎ目です。
 最近はモールド処理されていたり、パネルラインと呼ばれる分割線になっている事が増えてきました。
 ただし、古いキットの場合は目立ってしまう事が多いです。

このページの先頭へ

デカール
 大雑把に言うとシールの事で、いくつかの種類があります。
〇ホイルシール
 色の足りない部分に貼る光沢のある紙製シール。
〇テトロンシール
 コーションマーク等を再現した物が多いです。
 少し高価なキットに付属するイメージです…?
〇水転写デカール
 水を使って貼るシールです。繊細で少しコツが必要ですが、慣れれば仕上がりが非常に綺麗になるシールです。
 スケールモデル等に一般的に付属しています。
〇ドライデカール
 上からボールペン等で擦って転写するタイプです。
 鉄道模型等でよく見かけます。

このページの先頭へ

素組み
 「すぐみ」です。キットを説明書通りに制作した完成品を指します。
 最近では改造せずに全塗装した物を素組みという事もあるようですが、当HPではあくまでも説明書通りの制作品を素組みと呼びます。

このページの先頭へ

バナースペース