本文へスキップ

用語の解説

組立編

メニュー
1)説明書
2)パーツの二度切り
3)ゲート処理
4)パーツを組む(要接着剤)
5)シールを貼る
6)紛失・破損


説明書
 初めて組み立てるキットの場合、作り始める前にしっかりと説明書に目を通すのをおススメします
 組み立て時の注意点やパーツの切り方を先に把握しておきます。
 それによって、本番での失敗を少なくしたり、効率の良い作業手順を思いつくかもしれません。

このページの先頭へ

パーツの二度切り
 パーツをランナーから切り離す時は二度切りをおススメします。
 1度でゲートを切り落とそうとすると、パーツがえぐれたり、場合によってはパーツの破損につながる危険があります。
 先ずはゲートを少し残して切断し、2回目でゲートを綺麗に切り落とします。この2回目の切断時もわずかにゲートを残して切断するのがコツです。
 わずかに残ったゲートはヤスリで整えていきます。

このページの先頭へ

ゲート処理
 わずかに残したゲートをヤスリで整えていきます。
 ヤスリを使うときは軽くなでるようにヤスリます。
 力の入れすぎは余計な所まで削り、パーツの形状が変わってしまったりします。

このページの先頭へ

パーツを組む(要接着剤)
 写真は都合により、スナップフィットですが、方法自体は同じです…ご了承ください。
@パーツに接着剤を塗る(写真橙色部分)
 使うのはプラモデル用接着剤です。私は専らタミヤ製ですが、自分に合ったメーカーの物を使うのが一番だと思います。
A貼り合わせる
 接着剤が乾く前に貼り付けましょう。コツは接着剤を塗って乾かない程度に少し時間をおいてから貼り合わせる事です。
※プラスチック用接着剤は、プラスチックを一度溶かしてから合わさった部分がまじりあって再度固まる時にしっかりと一体化する使用です。
 間違ってパーツに接着剤をこぼしたりすると、取り返しがつかなくなるので、取り扱いには十分気を付けましょう。

このページの先頭へ

シールを貼る
 用意するものは『ピンセット、綿棒、つまようじ』です。綿棒は毛羽の少ない模型用がおススメです。
 ピンセットも先端が尖りすぎていない物のほうが個人的にはシールを傷つける危険が少ないので安心です。
 @ピンセットで軽く貼る。※傷に注意!
 Aつまようじでシールの縁を軽く押し付け貼る。※縁だけを軽く!
 B綿棒でシール全体を圧着する。※全体をしっかりと!
つまようじのみでシールを圧着させるとシールに大ダメージを与えてしまうので、やめましょう!!

このページの先頭へ

紛失・破損
 パーツを紛失したり破損したりした場合、説明書の注文書を利用するとそのパーツだけ手に入る可能性があり ます。
 ただし、絶版製品や長期間再販されていない製品、人気による品薄が続いている製品についてはパーツを注文 しても手に入らない可能性があります…。
 完成したプラモデルの説明書を保管しておけば、飾り棚からの落下等で破損してしまっても後からパーツを注 文できるので、説明書は捨てないようにしましょう。

このページの先頭へ

バナースペース